4VOC放散表示制度

繊維板・パーティクルボードの化粧板等から放散する
4VOC自主表示制度について

平成15年7月の改正建築基準法の施行により、ホルムアルデヒドの規制が強化され関係業界団体による「ホルムアルデヒド自主表示制度」が運営されてきました。
一方、ホルムアルデヒド以外の4VOCについても規制を望む声が多く(一財)建材試験センターでは、「建材からのVOC放散速度基準化研究会(委員長村上周三慶應義塾大学教授)」を発足させ、VOC放散速度基準を平成20年4月に制定しました。
これに呼応して、(一社)日本建材・住宅設備産業協会が中心となり「建材から放散するVOC自主表示に関する検討会」が開催され、検討の結果「建材からのVOC放散速度基準に関する表示制度運用に係わる基本的事項」が作成され、基準適合品には統一マ-クとして「4VOC基準適合(商標登録済)」と表示することになりました。

日本繊維板工業会は上記検討会に参画し化粧材の基材である木質ボ-ドを提供する立場から、建材からのVOCの放散に関する自主表示制度を開始することといたしました。

  1. 1.4VOC自主表示制度概要
    1. (1)4VOCの種類
      トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン
    2. (2)自主表示対象建材
      木質ボ-ド(MDF、インシュレ-ションボ-ド、ハ-ドボ-ド、パ-ティクルボ-ド)およびこれら基材を使用した化粧板
    3. (3)審査
      日本繊維板工業会内に、学識経験者を入れた「4VOC放散表示審査委員会」を設けて審査する。